監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年04月27日の出来事

   

この日は花×キヨファンにとっての記念すべき日と言えます。
いや、記念にするような物でもないけれどw

キャプションに4月27日とあるので、確定です。

16:30

開始してからすでに1週間以上経過しているにも関わらず、荒れ地の開墾はまだまだ続いています。

ガクトの知恵により、「揉み合っているうちに小屋を壊してしまった」という作戦を実行するキヨシとガクト。

関羽のフィギュアの為なら、どれだけムチで叩かれようとも屈しない姿は
もはやイケメンと言わずして何と言えますでしょうか。

結果、揉み合っているだけでは小屋は倒れず、
花ちゃんのキツイ回し蹴りをガクトが喉元に喰らい、
その衝撃で小屋が倒れることに。

「コイツらがもみあって倒したんだよー」
と告げ口する花ちゃんが可愛すぎますw

小屋を倒した罰として芽衣子からお仕置きを受けますが・・
アンドレはまだいいとして、シンゴもジョーもなかなかのM発言をしてるのが気になるところw

結局小屋は崩壊したものの、その修理には花ちゃんが見張りにつく事になり、
練馬一の智将ガクトをもってしても、この計画は頓挫することになります。

花ちゃんが見張りについた理由は2つあって、
1つはキヨシがやっぱりバラすんじゃないかと不安だから。

前にも言ったけど
誰かに話したらアンタを殺して私も死ぬから 

(2巻P64より)

よく「死んだ方がマシ」とかって冗談で言いますけど、
花ちゃんからしてみたら、あんなところでオシッコしていたのがバレるぐらいなら死んだ方がマシと
本気で思っているのが伝わってきますw

ここでキヨシは初めて花お手製のお茶を飲むことになります。

いつもこれのせいでトイレが近い花ちゃん、なかなか考えたものです。
このお茶のせいでついにキヨシもトイレに行きたくなってしまいます。

花ちゃんが見張りについた理由のもう1つがこれで、
誰かにバラすんじゃないかと信用できないキヨシの弱みを握るためにも
早急に目の前でオシッコをさせなければならなかったわけですw

なんで野ションを目撃された花と、目の前でオシッコを見られたキヨシでその”弱み”が成立するのかはわかりませんがw、花ちゃんはもうテンパっちゃって何が何でもオシッコさせなければならないと思い込んでいるんだから仕方ないです。

もしかすると単純に「見てみたい」という好奇心が勝っていたのかもしれませんがw

途中ガクトが花ちゃんを妻に娶るなどという茶番もありましたが、
無事、キヨシはトイレに行く事に。

小屋の作業の見張りと言いながらもトイレまでついていく花ちゃん。職権乱用です。自由すぎます。

後に”おぼこ”である事が判明した花ちゃんですが、
この時はやけに積極的にキヨシのチャックを下してます。

結果、暴れたキヨシにオシッコをかけられ、花ちゃんはしばらく「ウフフアハハ状態」になってしまうことになります。

まさかこの時のオシッコがあとあと尾を引いて、
禁断のウロボロスに繋がろうとは、この時は作者さんですら思いもしなかったのではないでしょうか。

 - 出来事

  関連記事