監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年05月03日の出来事

   

この日はガクトにとって忘れることの出来ない一日と言えます。
そう、大勢の前でクソを漏らしてしまった日です。

5月3日のキャプションがあるのと、
3巻・4巻のカレンダーから確定です。

11:00 – PC教室にて合同授業開始

情報の特別授業を女子と合同で受けられることになった男子5名。

5月3日は通常祝日で休みになるはずですが、八光学園の生徒たちはなかなか熱心です。
PC教室には既に24人は女子が待機していて、そこに千代とマユミもやってきます。

1年生全員の合同授業なのか、1-1の授業に男子5名を紛れさせたのかはわかりません。

男子達は教室の最後部で立ち入り禁止のロープを張られた後ろで授業を受けることになりました。

ほんの1ヵ月前には話しかけても対応してくれる女子もいましたが、
ノゾキの威力は大きかったみたいですね。ここでの女子の視線は突き刺さりそうなぐらいに蔑んできています。

「キモイ」「マジヤダ」「サイアク」って、聞こえるように言ってるとしか思えません。
案の定本物のドMであるアンドレだけは喜んでます。

練馬一の智将ガクトは、この情報授業がある事を見越して、希望購入物品リストに「オーディオプレーヤー」を書いていました。
本当によく頭がまわります。

でも、悲しいかな、一歩頭が足りてないんですね。
携帯オーディオレコーダーにしておけば、何度でもリアルな音を録音する機会があっただろうに。。。

11:30過ぎ – ガクト、脱糞

30分も費やして探した「ウンコ MP3」がショボいものばかりだった為、
頭をフルに回転させた結果、智将ガクトは4年我慢するぐらいなら3年我慢するという妙な男らしさから、
女生徒が大勢いる前で脱糞をしてしまいます。

この時のガクトの顔があまりにもイケメン過ぎて、一瞬クソなんて漏らしてないんじゃないかと思っちゃいますが、自分でも想像していなかったほどにゆるゆるだったようです。

事情を知っているキヨシは男泣きしています。

15:30 – ガクト泣く

祝日とはいえ、刑務作業は続きます。そりゃ土日もやってるんだから当然です。
芽衣子も休みなしで大変です。

クソ漏らしに躊躇がなく、とても男気溢れるガクトだったので、
もう完全に割り切っているのかと思えば、芽衣子にいじられ、シンゴやジョーにバカにされ、
いっちょ前に泣いてました。

やはり彼も人の子だった、というわけです。

16:30 – キヨシ、壁の穴が塞がっているのを発見

キヨシとガクトの友情も深まり、決意がより一層固くなったところで、
理事長が図らずも埋めてしまった脱出用の穴を2人は発見することになります。

前日の時点で気づいていればどうにかなったかもしれませんが、
前日は前日で色々とやる事が多く、確認を怠ってしまったのが原因でした。

二人はとても落胆します。

19:00 – カレーの前でクソの話をする

夕飯のカレーを食べながら、キヨシとガクトはお互いに責任を擦り付け合うような事をしてしまいます。

ガクトは脱獄できない事による、フィギュアの購入が遠のいた事と、
今朝の脱糞の事の両方でひどく落胆し、挙句みんながカレーを食べている前で大声で
「クソをもらしたんでゴザルからな!!」と怒鳴ってしまいました。

その後キヨシにくってかかりますが、
まぁ、クソ漏らしたのは自己責任だし、キヨシを責めるのは筋違いだと、読者はみんなわかってますw

夜 – キヨシの決意

その夜、ガクトは自分の牢で泣きながら、名言
「小生・・・・取り返しのつかない・・クソを漏らしてしまったでゴザルゥ・・・・」
を呟きます。

おそらく悔しさと悲しさで枕を濡らしたことでしょう。

そんなガクトの悲痛な声を聴き、キヨシは女になることを決意しました。

 - 出来事

  関連記事