監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年05月25日の出来事

   

この日、裏生徒会は翌日にDTOの最終段階を実行する事を決意します。

日付はアンドレのどれい日記の日付が24日なので、
それを読んでいる事から25日以降であろうという事と、
翌日のDTO最終段階が実行される日が26日のキャプションがあることから確定です。

夕刻 – DTO実行の決定

裏生徒会室でのいつもの会議で、アンドレの24日時点での日記が読まれています。

アンドレは少なくともジョーのアリ飼育セットDXを倒してしまった日からはお仕置きを頂けていないので、約2週間程度はお仕置きされてない事になります。

そしてついに24日の日記で「もう限界だ・・」と呟いていることから、
この世界でのドMはお仕置きが2週間途絶えると精神崩壊するという事が考えられます。
※もちろん個体差はあると思いますがw

そのアンドレの様子を知った万里の口から、
「明日 DTO・・男子退学オペレーションの最終段階を実行に移します」
という決定が下されました。

千代は4日前に見たDTOの内容が気になって、裏生徒会のドアに聴き耳を立てていましたが、
ついにその千代にも男子退学オペレーションが略してDTOである事が伝わりました。

夜(19:30前後) – アンドレ、壊れる

そしてついにこの日の夜、お仕置きがいただけなさすぎたアンドレは精神が崩壊してしまいます。

風呂にも入らなければ、食事もまともにとっていません。
体のまわりには小バエがぷんぷんしていて、見るからに不潔な状態になっています。

「一週間お仕置きがいただけないだけで 人間とはこうなってしまうものでゴザルか・・」
とガクトが呟いていますが、
一週間どころじゃない、二週間も貰ってないわけです。

これは他人と当事者では時間の流れ方が全然違うことを表しているような1シーンでした。
当のアンドレ本人からしてみたら、二週間ムチを貰えないことは、10年近くお仕置きを貰えていないような体感時間だと思ったらいいと思います。

 - 出来事

  関連記事