監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年05月27日の出来事

   

この日、男子達に退学までの最終期限が言い渡されることになります。
が、千代によってDTOという作戦が存在していた事が明かされ、
男子達はまた心を一つに集うことになります。

また、キヨシが人生で初めて女性の局部を見てしまう日でもあります。

女子たちの会話から、
「男子たち昨日だけで2回も脱獄したらしいよ」という発言があることから、
5月27日で日付は確定です。

朝 – シンゴ、ボコされる

男子退学の最後の決め手となったシンゴの脱獄は、
シンゴが学園外で杏子と会っていた事によるものでした。

シンゴの自白を受け、男子達は一度は許すものの、
杏子の乳首チラを見てしまったシンゴに対しては許す事ができませんでした。

あの優しいアンドレでさえも
「乳首を見ちゃったんなら謝るだけじゃ不十分だよ」
と、全員でシンゴをボコすことになります。

でもこれで本当におあいこ。
全員が等しく罪人となり、ここにきてようやくノゾキで捕まった時と同じ立場になれました。

昼ごろ – 再来週末での退学

男子5名は理事長室に呼び出され、初めて理事長と対面することになります。

裏生徒会の規則によって、3度の脱獄を図った男子たちは退学を迫られます。
処分について濁す理事長に万里が厳しく言及し、ついには「再来週末までに退学の書類に捺印する」という事が約束させられます。

2011年5月27日が金曜日なので、
5月30日~6月3日までの職員会議でこの件が話し合われる事になり、
その翌週の週末、つまり6月10日の金曜日までに理事長が捺印をする。

そこが男子たちのデッドエンドとなったわけです。

途中千代によってDTOの存在がにおわされましたが、
同時刻に花ちゃんによってDTOレポートはシュレッダーにかけられていました。

証拠を残さないところにまで頭が回る万里さん、、、この時点では最強です。

12:45 – 裏生徒会祝勝会

勝利を確信した裏生徒会3名は、裏生徒会室でシャンメリーとケーキやお菓子で祝勝会をあげます。
シャンメリーなあたりが可愛いです。

乾杯がCHEERSなのも、なかなか欧米文化に感化されてます。
やはり濡れTシャツコンテストもここに起因してそう。

ここで芽衣子が指懸垂などという茶番をしている時、杏子が呼び出されます。
杏子はDTOについて知っているという理由から、シンゴに情が移ってしまった事への責任は追及されない事になりました。

が、ここでの花ちゃんの「アンタ 親衛隊長のくせに何やってんのよ」や、
芽衣子の「フン もういい 行け」などからも、彼女の今後が心配です。

というか、親衛隊にはこの2人もこんな感じで接するんですね。
ますます裏生徒会のどこに憧れるのかが謎です。

それにしても杏子はこの時点で”生ける証拠”なわけですから、
彼女が証言すれば男子達の退学も覆ったのかもしれないと思うと、
それをしなかった杏子は罪深い女です。

18:30頃 – 男子達が再度集う

その頃プリズンではキヨシの発言により、DTOの証拠さえ見つかれば退学が免れられるという話になります。
シンゴが芽衣子にそそのかされていた時、偶然PC画面でDTOの文字を見ていたのが功を奏します。

これを理事長室で思い出していなくてよかった。
もし男子が不穏な空気を出しさえすれば、証拠となりえそうなメールは復元できないような状態にしていたかもしれないわけです。
・・・学校の備品でどこまで出来るのかわかりませんがw

男子達は濡れTシャツコンテストの為、
退学を免れる為に再度力を合わせることになります。
芽衣子から夕飯が運ばれてきて、掛け声こそハンパになってしまいましたが。

そしてこの直後、キヨシは人生で初、
花ちゃんのメデューサより先に芽衣子の秘部を間近で見てしまうことになります。

 - 出来事

  関連記事