監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年05月30日の出来事

   

この日、職員会議によって男子の退学がより一層確定に近づきます。
また、この日から刑務作業がなくなります。

日付は5月30日のキャプションがあるので確定です。

12:00前後 – 刑務作業の終了が告げられる

昼食後、男子達はプリズンの外(バリケードの中)に出されます。
そこで、芽衣子から「今日から刑務作業は無しだ!」と告げられます。

「放課後は更生ルームで大人しく自習でもしていろ!!」
とのこと。
更生ルームとは多目的ルームのことです。

最大6月10日までが期限だと決まっても、
男子達はこの3日間では活路を見いだせずにいました。

プリズンに入れられたまま時間だけが過ぎていきます。

放課後 – 職員会議での決定

この日の午後、職員会議にて男子の処分についての話し合いが行われました。

さすがに裏生徒会だけで退学の決定は出来ないけれど、
脱獄の事実が3度も重なれば、職員たちの賛同も簡単に得られたのではないかと思います。

この週のうちに会議が行われるとは言われていましたが、
まさか週の初めの月曜日に早速行われるとは思いませんでした。

そもそも男子の入学に反対していたような職員たちですから、
こんな不祥事があれば満場一致で退学が支持されるのも頷けます。

20:20頃 – 芽衣子との腕相撲

智将ガクトの策により、芽衣子を腕相撲大会に引っ張りだし、
カギを拝借して看守室に忍び込む作戦が実行されました。

アンドレの頑張りにより、なんとか9分の時間を稼ぐことに成功するものの、
回線速度などの問題により、メール復元ソフトのダウンロードまでしか出来ず、
あえなく作戦は失敗に終わりました。

 - 出来事

  関連記事