監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年6月21日の出来事

   

この日、ガクトとアンドレが看守に就任します。
また、万里が芽衣子に自慢のアップリケをつけてあげる日です。

日付は20日の夜のシーンから明けているので、
少なくとも6月21日以降だと思った点、
20日にケイトにお願いされた2人が看守となった点から21日にしました。

午前中 – ガクト・アンドレ、看守就任

2011年6月21日は火曜日にも関わらず、朝から刑務作業をさせられる裏生徒会3名。
毎度のことながら、看守役も大変です。

また、梅雨の時期だけあって、前日の夜には止んでいた雨がこの日は朝から降っています。

そんな作業場にリサが連れてきたのは先日仲間に引き込んだガクトとアンドレの2名。
これはケイトの策略により、あの有名なスタンフォード監獄実験をプリズンで再現しようというものでした。

昼 – キヨシの嫌な予感

昼食時、ガクトとアンドレが看守になった事を咎めるキヨシでしたが、
ガクトがみつ子の点数を稼ぎたいだけと知って安堵。

が、裏生徒会が入獄してから、何か嫌な予感がしているとガクトに伝えます。
これが後の「濡れTシャツコンテストの中止」に響いてきます。

放課後 – 万里のお尻、破れる

午後の作業中、万里のお尻の部分が破れてしまう事態が起きます。
ガクトは、みつ子の評価をあげたい想いと、花ちゃんの恐ろしさとで板挟みになって苦しみます。

夜 – 万里、芽衣子の尻にアップリケをつける

その日の夜、万里は破れてしまった自分の囚人服のお尻を縫い付けます。
まさかのお裁縫セット持ち込みはOKだったみたいです。

花ちゃんもしらじらしく
「会長スゴーイ お裁縫も得意なんですねー」なんて言ってます。
2年前から知ってたでしょ!

そして万里さんは何気に紐パン履いてます。
そういうの、趣味じゃなかったと思うんですが。

万里はついでに、芽衣子のお尻も修繕してあげることに。
芽衣子のは派手に破れてしまっていた為、クソダサファンシークマさんアップリケで当て布をして縫うことに。

花ちゃんは「ぅわ・・わあぁ!かわいいじゃん副会長!!」って声が震えてるんですが、
芽衣子は心底嬉しそうに「花もそう思うか!」ってw

でもこのシーン、なんだか裏生徒会の仲良しな部分が見えて良かったな・・。

ちなみに芽衣子のセンスはきっと万里に依存しているはずなので、
私服はクソダサだと思われます。

 - 出来事

  関連記事