監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年06月24日の出来事

   

この日はシンゴのペットボトル事件と、花ちゃんのエビフライ事件が起きました。

日付はシンゴが23日(と思われる日)に「今度杏子をどこに誘うか(11巻P32)」と言っていた事から、
その日よりは後ろの日だと思われます。
そのうえで、アンドレが芽衣子の体調について知り、反省している事からも
翌日の6月24日ではないかと思います。

放課後 – ペットボトル事件

シンゴは前日のキヨシの助言を元に、カラオケに誘った杏子の前で順調にペットボトルを切り、
パンツをズバッと脱ぎます。

パンツをズバッと脱ぐのはキヨシのお家芸かと思っていましたが、
何気にシンゴも出来るんですね。さすがです。

結果、当然の事ながら杏子に尋常じゃないボコされ方をして試合終了。
残念ながらその方法は花ちゃんという頭のネジが飛んでる子が起こした奇跡なだけなんだわ・・。

19:30前後 – アンドレ、反省

アンドレは昨日の準備段階ではワクワクしていたのに、
一転この日は反省しています。

おそらく昨日の午後の看守作業で芽衣子が風邪で倒れた事を知ったのでしょう。

敬愛する芽衣子に風邪をひかせたことはマゾ失格と反省しつつ、水で自分をイジメていました。
このためだけに看守部屋に子供用プールを用意するとは・・・。

ガクトはガクトで、昨日見つけてしまった行事予定表のせいで葛藤しています。
友情(夢)を取るか、みつ子を取るかでの板挟みです。

すでにキヨシのキッスのことは「どうでもいいこと」にまで熱が下がっていました。

ほぼ同時刻 – エビフライ事件

多目的ルームで食事をしていた万里と花ちゃん。
万里の無神経な発言により、とうとう花ちゃんがブチ切れました。

内容は、花ちゃんが手をつけていなかったエビフライを万里が
「そのエビフライ食べないの?」と聞き、
万里が食べたいのかと思って「食べて食べて!」と勧めるも、
「芽衣子もきっと喜ぶわ」と言われた事にうんざりした、というものでした。

このシーン、実は二人の演技なのですが、
よくよく見ると万里が「そのエビフライ食べないの?」と聞いたとき、
花ちゃんはエビフライどころか白飯ぐらいにしか手を付けていない状態でした。(11巻P63)

確かにその前のシーンで床に叩きつけられた料理も、ほとんど手がついていません。(11巻P57)

いくら演技とはいえ、これじゃ花ちゃんお腹すいちゃうんじゃないかと思います。

結果花ちゃんは「もう寝る!」と言い放ち、独房へ向かいます。
状況が状況だけに同情したのか、リサも「大変だったな」と、少し早めの就寝を許してくれました。
お腹が空いてる花ちゃんの為にクッキーまで置いてくれて。(ヨカッタ!)

 - 出来事

  関連記事