監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2011年06月27日の出来事

   

この日、芽衣子が崩壊してしまいます。
また、同時にアンドレノミクス経済も崩壊してしまいます。

日付は26日のボヤの翌日なので、6月27日となっています。

朝(時計は15:00) – 壁新聞にネガティブキャンペーン

登校中の生徒たちが壁新聞を読んでいます。
昨日のボヤ騒ぎは裏生徒会によるものだった、というもので、
ケイトの策略通り裏生徒会の評判はどんどん落ちています。

朝 – 千代とキヨシ、イチャつく

ケイトが事前に用意していたチラシを知っている千代は、
前日のボヤを怪しんで現場を見に来ます。

そこに偶然現れたキヨシと若干イチャついてしまいます。
窓から覗いてたのが花ちゃんじゃなくてよかった!

朝 – ガクトとジョー、イチャつく

キヨシが千代とイチャついてる裏で、寮室ではガクトがみつ子のBLについて悩んでいました。
それを知ったジョーは、「BLを理解すること」に付き合ってくれる事になり、
結果、顎をなでまわしたりしてイチャつくことになってしまいました。

6:30前後 – 芽衣子、壊れる

プリズンでは「開房!」の声と共に独房が開けられました。
が、芽衣子が出てきません。

万里が起こしに行くと、「お姉ちゃん・・誰?」と、すでに芽衣子は錯乱状態に。
万里から貰った大切なヘアピンも床に転がっていました。

万里の問いかけに一瞬ハッとするも、
「もう大丈夫です 万里さん・・」と、
副会長であるなら絶対に呼ばない呼び方で万里を呼んでしまいました。

おそらくこんな事になるとは、仕掛け人のケイト・リサも思わなかったでしょうし、
万里・花ちゃんからしても想定外だったと思います。

出来ればこれら全てを含めて裏生徒会の作戦であってほしい。
でもあのクソ真面目な芽衣子がこんな芸当出来るとも思えない。

放課後 – アンドレノミクス崩壊

この日も刑務作業が始まりますが、芽衣子の精神状態が不安定なので作業を減らして欲しいと嘆願する万里。

その姿を見たアンドレも素に戻ってしまいます。
そう、アンドレノミクスの崩壊・・・大幅なアンドレ高・芽衣子安となってしまいました。

結果、アンドレも精神が崩壊してしまう事になります。

作業を開始しても、虫すら怖がる芽衣子。
以前はバッタのかき揚げなんつーグロい物を作っていたのに、全然違うキャラになってしまいました。

そんな芽衣子をみて心底嬉しそうなケイト。性格悪すぎです。

ケイトは前日のボヤ騒ぎの処分として、万里と芽衣子に1週間の刑期延長を科した事を伝えにきました。
花ちゃんだけ、”模範囚なので”予定通り(?)翌日の出所となりました。

※裏生徒会のもともとの刑期は1週間でしたが、
僕の計算だと花ちゃんは9日間も入れられてた事になるので、2日オーバー。
どこで間違えたんだろう・・・。

 - 出来事

  関連記事