監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

監獄学園2012年06月30日の出来事

   

むちゃくちゃ長い1日です。
コミックスにして4巻分消費してもこの1日が終わりません。

これだけ長い1日やっちゃうと、その後のポッカリ感が心配です。

この日は体育祭当日です。
万里とケイトのウロボロスから始まり、花ちゃんとキヨシもウロボロスし、
花ちゃんとキヨシのパンツが入れ違ったり、芽衣子が復活したりと大忙しです。

日付は以前の情報より体育祭当日=6月30日で確定です。

夜 – 万里、脱獄

万里の作戦が順調に進み、キヨシの不敵な笑み作戦も功を奏し、
ケイトの手によって自身をプリズンの外へ脱獄させることに成功します。

この時に「昨夜のうちに脱獄している」という万里の発言もあり、
日にちをまたいでいる事がわかります。

そして花ちゃんの助けもあってケイトの恥ずかしい動画(万里とケイトのウロボロス)を撮影する事に成功します。

ちなみに動画撮影にしようしていたスマホは花ちゃんの物(ハートのアプリから)で、
花ちゃんは動画を撮影できる状態にするわけだから、万里にパスワードを教えていたことになりますね。

正直、あの写真を万里に見られる事はケイトに見られるより何倍も危険だと思うんですが・・・w

もしかしたらその後のシーンでPC上で写真を見ていたところから察するに、
ケイトの時の失態を案じてスマホからPCにデータを全て移していたのかもしれません。
さすがPDCAの出来る女、花ちゃんです。

ところで万里はケイトの前で堂々と脱獄しちゃったわけなんだけど、
この脱獄は1ヵ月の刑期延長にならないのか疑問です。(連れ出されただけだからいいのかな)

そのあと – ケイトの最後の手段

万里の脱獄から再び覚醒したケイトは、万里から盗んだもの、万里関連グッズを女子寮の屋上で燃やしてしまいます。

この時に放った「私にはまだ最後の手段が残ってる(17巻P130)」が気になりますね・・。
花ちゃんが不幸にならなければいいんですが・・。

この期に及んで正々堂々と勝負する気のないケイトには感服します。
というか、それだけ”勝ち”に執着するというのはそうそう出来る事じゃありません。

4:00 – ハイウェイの理事長

理事長が白いランボルギーニ風の車で高速を飛ばしています。
ロレックス風の時計に目をやると、午前4:00。

一体どこに行っていて、そしてどこへ向かっているのか。
この人の真相は未だに謎です。

彼にとっても長い長い一日のはじまりです。

同じころ – みんな寝なくて大丈夫?

同じころ、プリズンではキヨシと万里が焼肉に行く約束を交わしました。
後に体育祭で花ちゃんが「なんで会長がお前らに焼肉おごらなきゃいけねえんだよ?」と怒ってましたが、
それはキヨシと万里の2人の秘密なわけです。花ちゃん可哀想。

そしてその時、リサはアンドレに八つ当たりを、
千代は必勝鉢巻きの刺繍を、
芽衣子は体操服の試着を、
花ちゃんはキヨシとの写真を眺めるなど、それぞれがそれぞれの想いの夜を・・・いや朝方を過ごしていました。

この子たち、寝なくて大丈夫なの??
とくにプリズン組はもう3時間で起床だけど。。

男子達はぐっすり寝ていました。

6:00 – 理事長、ハニーと出会う

下の道ですら飛ばしていた理事長、
時計に目をやると6:00ちょうど。

「なんとか間に合いそう」と言うところからも、やはり体育祭に向かっているのでしょうか。
美しい人ですらスルーしてしまう程の用事といえば、尻関連としか思えませんが・・・どうでしょう。

ヒッチハイクをしていたハニーさんの尻を見て、結局助けてしまいます。

ハニーを乗せたことでプランが狂った理事長は、先方にプラン変更を申し出ます。
「オペレーションB」とは何を指すのか、そこそこ気になります。

8:30 – 体育祭スタート

8:30に花火があがり、体育祭の開幕を知らせます。
※実際の開幕はもうちょっとあと。

ちなみにヤンマガでは12:00になっていましたが、コミックスでは8:30に修正されています。
50年以上の歴史がある学校ですが、体育祭自体は48回目。

9:00ごろ – 開会式

ケイトによる選手宣誓があり、ようやく体育祭開幕です。
校舎の時計は12:00を指していますが、実際には9:00頃。

花ちゃんが開会式に参加しておらず、練習できない万里は焦ります。
この時花ちゃんは騎馬戦の勝ち負けよりも頭の中がオシッコでいっぱいでした。

もう明日じゃダメだったんですね。どうしても今日が良かった。
前日リサの前でキヨシがオシッコをしたと聞いた時から、独占欲が止められない程に沸いていたんだと思います。

キヨシがグラウンド脇のトイレではなく校舎に行った際、
おそらく影からつけていた花ちゃんに見つかり、案の定「オシッコ見せろ」となりました。
もう、本当に頭が沸いてます。

そのあと – 騎馬戦オーディション

開会式が終わり、濡れTシャツコンテストの為にも裏生徒会に協力したい男子たちは、
自分たちも騎馬戦に参加しようという事に。

そこで騎馬の上に乗ってくれる女子が必要になり、
シンゴは杏子を、ジョーはケーキさんを連れてくる事に成功。

が、クソ漏らし系男子のガクトは当然みつ子に声をかけるわけにもいかず、
あろうことか、我らが男子の女神さまであるPBR様を連れてくることに。

オーディションでは杏子の圧勝かと思われましたが、
ケーキさんもとい、ダイヤさんの圧倒的なスター性によって勝敗は難しい展開に。

結局シンゴとジョーがお互いのセクハラにお互いのパートナーが辱められることに耐え切れず、
満場一致でPBR様が勝利を収めました。

9:15 – 理事長、ハニーを目的地に届ける

ハニーを拾った理事長が、山のふもとらへんにある街にハニーを届けました。
下心なくこういう事が出来る理事長、マジかっけえです。

その後、急カーブでタイヤにロックがかかってしまい、
理事長は車ごと崖下に落ちる事になってしまいます。

その後、道に迷い、いろいろあって滝ツボに落ちたことがキッカケで記憶を失ってしまいます。

9:30ころ – キヨシと花ちゃんがウロボロス

当初は野外のテントでオシッコを見せてもらって、オシッコをかけようなんて思っていた花ちゃんですが、
キヨシのリードで、キヨシの部屋(男子寮)にて目的を果たすことになります。

途中、千代による妨害を受けつつも、目的を達成。

一皮むけた花ちゃんはキヨシにキスをして立ち去ってしまいます。

そのあと – 花ちゃん、千代に対抗心燃やす

ようやく4人集まった裏生徒会騎馬戦チームですが、
ハチマキを届けにきた千代のまぶしさにキヨシは逃げ出してしまいます。

それを見ていた花ちゃんは、なんとか千代をキヨシに近づけまいとします。
いじらしいです。

その頃 – キヨシ完全復活

千代の前から逃げたキヨシはジョー・シンゴとの戯れの後、
ガクトのクソ漏らしを思い出した事がキッカケで復活します。

この時のシンゴが、杏子に再度嫌われ自暴自棄になっていたくせに、
オシッコをかける事を賭けにされたキヨシに「かけるのもかけられるのも嫌なんだけど・・」と冷静なのには笑いますw

でもこれ、その前日ガクトのオシッコを浴びたシンゴだからこその発言かもしれません。

昼 – 復活のF

花ちゃんの手製弁当を食べている裏生徒会のところに完全復活したキヨシが戻ってきます。

花ちゃん、夜中までキヨシの写真を見ていたくせに、
いつこんな準備が出来たんでしょ。スーパーガール過ぎです。

そこに男子たちも集まり、
アンドレを倒す為には芽衣子の復活が欠かせないという話に。

復活のF(副会長)が始動します。

昼過ぎ – 男子徒競走・女子障害物競争

芽衣子の復活のカギを少しだけつかんだところで昼休みを終え、
裏生徒会と男子は次の競技に向かいます。

途中、パンツが入れ替わっていることに気づいたキヨシと花ちゃんでしたが、
花ちゃんの千代への対抗心の為、パンツはそのまま履き続けることに。

そのままキヨシは徒競走へ向かい、アンドレに惨敗。
花ちゃんは障害物競争に参加します。

障害物競争の途中、ケイトの策略により、花ちゃんとリサの勝負で負けた方が
会長がみんなの前で私服で踊るという罰ゲームをする事がきまります。

万里の私服のダサさを知っている花ちゃんは、それだけは避けなければならないと
せっかくそのままにしていたパンツを戻すようキヨシに要請。

結果、リサとは同着一位で万里の恥ずかしい姿は免れたものの、
必要以上になじんでしまったパンツは結局そのまま履き続けることに。

~この日はまだ途中です~

 - 出来事

  関連記事