監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

花ちゃんの暴力は独占欲の現れ?全キックシーンと標的まとめ

      2016/02/04

空手の達人である花ちゃん。
なにかというとすぐ暴力に訴えます。

これじゃあ空手が評判を落とすんじゃないかと心配です。

本当は純真でカワイイ子なので許してあげてください。

花ちゃんの全キックシーンと標的

踵落とし(1巻第5話)

hanakick1

記念すべき花ちゃんの初キックはかの故アンディ・フグの影響で多くの小中学生が知ることになった「踵落とし」でした。

そして標的となったのは「ハイハイ・・」なんて舐めた返事をしたシンゴ。
どう見ても頭の形が歪んで、骨までいってそうですが・・シンゴのリーゼント分が凹んだだけという事にしておきます。

上段回し蹴り(1巻第5話)

hanakick2

シンゴが喰らった数分後、「自分たちが四つ葉のクローバー」などと調子こいたガクトが顔面に綺麗なハイキックを貰っています。

めちゃくちゃ綺麗です。

上段後ろ回し蹴り(2巻第9話)

hanakick3

キヨシにおしっこを見られ、数日姿を見せなかった花ちゃんが復帰した日。
シンゴが「うわ最悪・・花さんいんのかよ」とぶっこいたせいで、ガクトが喰らうことになりました。

K-1とかでもたまに見ましたね、後ろ回し蹴り。カッコいいです。

飛び蹴り(2巻第11話)

hanakick4

キヨシとガクトの策略により、まんまと挑発されて小屋を蹴り壊してしまうシーンです。
標的はガクト。

カポエイラのようなジャンピングスピンキックです。
綺麗な放物線を描いていたであろう事が読み取れます。花ちゃんこんなのもできんだ。

中段回し蹴り(8巻第69話)

hanakick5

この間、なかなかキックのシーンがなく、ようやくエリンギ・ブロコビッチの回で
ガクトにむちゃくちゃ綺麗なミドルキックを喰らわせています。

作中で一番威力がありそうな蹴りに見えます。

前蹴り(8巻第71話)

hanakick6

額を怪我してゾンビのような表情でガクトが迫ってきた時、
咄嗟に前蹴りで応戦していました。

花ちゃんは簡単に蹴ってそうだけど、音が重そう・・・。

膝蹴り(8巻第73話)

hanakick7

フルチンのキヨシに場を飲まれそうになり、
一旦間合いを取る為、膝蹴りが出ました。

厳密にこれを”蹴り”とカウントしていいのかはわかりませんが、
足癖の悪い花ちゃんの1シーンということで。

このあとの「ち・・近ぇんだよックソが!!調子に乗んなよクソが!」はアニメがまだの人は是非、花澤香菜さんの声で聴いてほしいです。

下段前蹴り(8巻第73話)

hanakick8

膝蹴りの直後、しゃがみこんでしまったキヨシに容赦ないローキックが浴びせられます。

「メデューサ見ちゃったんなら膝蹴りだけじゃ不十分だよ」
って、アンドレも言ってくれそうです。

上段回し蹴り(9巻第81話)

hanakick9

「昨日のチューは遊びだったのね!」
とでも言わんばかりに、自分が利用された事に怒り、遠くから駆けてきてのハイキック。

たまらずキヨシはガードするものの、骨折する羽目になりました。
作中一番重い蹴りだったのかもしれません。

上段回し蹴り(10巻第89話)

hanakick10

初めて女性を標的にマジ蹴りが出ました。
万里の下着がリサによってはぎとられ、花ちゃんと芽衣子が咄嗟にバイオレンスに訴えたシーンです。
そりゃ更生施設であるプリズンに入れられるわけです。

これまでにないほどの高さの蹴りですが、それ以上にこれまでにないほど怖い顔してます。

前蹴り(12巻第114話)

hanakick11

前蹴りというよりは、踏みつぶしにかかってる感じの蹴りです。
キヨシに「僕たちチューしたじゃないですか」みたいな意味合いの事を言われて
照れ隠しで蹴りまくってます。(少なくとも3発)

実際には痛くて嫌だろうけど、はたから見てるとめちゃくちゃカワイイです。

前蹴り(19巻第181話)

hanakick12

策もなく、花ちゃんのお手製弁当を食べようとした男子を代表して、キヨシに前蹴りを浴びせてます。

この巻における花ちゃんのキヨシへのバイオレンスは、どうも”女房感”が強く感じます。
キヨシにわざとあたってる感じというか。

独占欲の強さを暴力でも匂わせている感じ。

上段横蹴り(19巻第185話)

hanakick13

障害物競争の最中、リサの蹴りをかわして花ちゃんも横蹴りで反撃します。

かわされていますが、足がビッと伸びて綺麗な蹴りです。

膝蹴り(21巻予定第203話)

203-4

騎馬戦最中、キヨシが万里にナメた口を聞いたのですかさずスキンシップ。

両手が塞がってる状況でもしっかりキメてます。

膝蹴り(21巻予定第204話)

hanakick14

デジャヴですw

標的まとめ

これらの蹴りを一覧にすると以下のようになります。

1発目 踵落とし シンゴ
2発目 上段回し蹴り ガクト
3発目 上段後ろ回し蹴り ガクト
4発目 飛び蹴り ガクト
5発目 中段回し蹴り ガクト
6発目 前蹴り ガクト
7発目 膝蹴り キヨシ
8発目 下段前蹴り キヨシ
9発目 上段回し蹴り キヨシ
10発目 上段回し蹴り リサ
11発目 前蹴り キヨシ
12発目 前蹴り キヨシ
13発目 上段横蹴り リサ
14発目 膝蹴り キヨシ
15発目 膝蹴り キヨシ

こうやってみると面白い傾向がでていますね。

記念すべき一発目こそシンゴですが、
男子が囚人としてとらえられていた頃は、ガクトに的が絞られていました。

アンドレだと倒せないかもしれないけど、
ガクトならそこそこガタイがいいのに蹴り倒せる、みたいなちょうどよさがあったのかもしれません。

そしてキヨシとの初チューを境に、蹴りのターゲットがキヨシに変更されています。
(リサは完全に敵とみなしての蹴り)

今回はキックだけに注目しましたが、
花ちゃんの正拳突きなんかをカウントすると、結果的にキヨシが一番喰らってることになりそうです。

やっぱり彼女にとっての暴力=独占欲の現れということもあるかもしれません。
(じゃあガクトにもそういう想いがあったのか?ということではないです)

 - 考察・まとめ , , , ,

  関連記事