監獄学園について色々考えてみた

花ちゃん大好きなプリズンスクール研究ファンサイト。まとめや考察など

*

花ちゃんの顔が暗転(黒くなる)時の表情についての予想

   

花×キヨの転機となりそうなシーンで、花ちゃんの顔が真っ黒に塗りつぶされる事があります。
ヘルメットみたいな髪型と相まって、とても花ちゃんが硬そうに見えちゃうw

この時花ちゃんってどんな顔してんだろう?

表情を見せないのには理由があると思うんです。
作者さんからの「あえて読者にお任せします」的な感じなんでしょうか。

ちょっと考えてみました。

花ちゃんの顔が真っ黒になった時

僕が記憶している限りでは、
12巻P110でキヨシに「花さんだってあれが・・初チューだったんじゃないですか!?」と突っ込まれたとき。

hanakuro1

これは単純にキヨシから見て逆光だっただけなんだけど、
それにしてもここまで黒くなるか!?っていうw

そして、キヨシに復讐を果たしたあと。
あの時は事後ずっと花ちゃんが真っ黒で寂しかったw

hanakuro3

特にキヨシにキスをする手前の真っ黒さはハンパないです。

どちらも影の形から、口が全然笑ってないように見えます。
この後キスする時の口は完全に笑ってません。(19巻P7)

どちらも黒い顔だけど、どちらも同じ感情とは言えないと思うので
一つずつ考えてみます。

キヨシに突っ込まれたとき

「花さんだってあれが・・初チューだったんじゃないですか!?」

これは花ちゃんにとっては図星です。
それまで反論していたのに、図星を突かれて固まってしまった感じではないでしょうか。

「うっ・・」みたいな。

なんとなく、真顔でキヨシを睨み付けてるんだけど、頬だけ真っ赤っか、みたいな花ちゃんじゃないでしょうか。
どう反撃してやろうか伺ってる、みたいな。

この時はキヨシに怒りをぶつけにいったはずの花ちゃんなんですが、
ふいにキヨシからキスの話題を出されて、意識しちゃってます。たじたじです。

だから、怒ってるとか、悲しいとかではなく、
ちょっと恥じらいつつ気を保ってるような、そんな感じじゃないかと思います。

キヨシにぶっかけ終わったあと

この時の花ちゃんの感情は、感無量というか、
いや、放心状態みたいな感じでしょうか。

キヨシに「これがあんたのしたかったことか!」と突っ込まれますが、
花ちゃん自身も「これがしたかったんだろうか・・」と悩んでいそう。

というのも、キヨシに真っ暗でオシッコしてるとこ見えないですよと言われた時に

もう・・・・いいんだよ

そんなのもうどうだっていい・・

やるんだ!

(18巻P72、P73)

という発言から、もうこの行為は「手段が目的になってしまっている」からです。

本来手段というのは、目的を達成する為にあるもの。
花ちゃんで言えば、キヨシにされた事の仕返し、キヨシの弱みを握ることが目的で、
その為にオシッコを見る、オシッコをかけるという行為があったはず。

そしてそれを同時に叶える手段が「ウロボロススタイル」だったわけです。

でもこの時の花ちゃんは、”ウロボロスでオシッコをすること”がもう目的になっちゃってた。
その目的は単なる興味でしかないし、もしかしたら彼女なりの性体験だったのかもしれない。

単なる興味の目的を達成したあとって、どんな感じでしょうか。
僕は、一瞬冷静になると思います。

これは男女差があるかもしれませんが、
目的を達成したことで自分のした事が本当に必要なことだったのか?と見直してしまうわけです。

状況こそ違えど、花ちゃんからしたら「おうち帰る」に近い状態だったんじゃないかと思います。

そこに、キヨシがふいに放った「千代ちゃん」という言葉。
この言葉を受けた花ちゃんが抱いた感情、それは反射的な「独占欲」だったんじゃないでしょうか。

そう思うと、この時の黒花ちゃんの顔は、
もしかすると少し切ない感じだったんじゃないかなーと想像します。

キヨシが千代を好きなのは知ってるしね。

気になる描写・・花ちゃんは泣いていたのか

ところで僕は、キヨシにキスする手前、部屋から立ち去ろうとする花ちゃんが少しだけ気になります。

hanakuro2

向かって左側の花ちゃんの輪郭から、何か液体が垂れてるような線が見えませんか?
全体的に白い飛沫が飛んでいるような描写の中で、これだけちょっと浮いて見える。

キヨシはこの時結局オシッコを出来てないはずですから、
これが何かしらの液体を表すのであれば汗か涙と捉えられてもおかしくなさそう。

これが花ちゃんとキヨシの苦闘の証である汗なのか。
それともひと夏の経験を体験してしまった、そんな行為への涙なのか。

それともなんとなく居たたまれなくて焦ってんのかw

今のところはわかりませんが、
花ちゃんの心境の変化を表す何かである可能性は捨てきれません。

 - 考察・まとめ

  関連記事